RANCILIO EPOCA 3周年
デロンギのEC-200からRancilio epoca(S1タンク)へとエスプレッソマシンを換えて、気づけば3年と3ヶ月もの時間が流れていた。

この間、日曜や盆、正月に家を空けた時と、不調で寝込んだ数日を除き、毎日マシンに電源を投入してきた。ざっと計算して、1年でだいたい315日ほどになる。

1日に、4〜5回は抽出し、それもシングルではなくてダブルホルダーを使うから、一度に2杯、計8〜10杯だ。

1度の抽出には、18グラムのコーヒー豆を使い、28秒で1杯28ccエスプレッソが2カップできあがる。

1日に72〜90グラム、週に432〜540グラム、月に1728〜2160グラム、1年で20736〜25920グラムを消費している計算になる。確かに、まとめ買いする1.5キロのコーヒー豆が20日前後でなくなるから、これくらいなのだろう。

もちろんすべてを一人で飲むわけではないけれど、平均して6〜8杯は自分が消費している。残りは家族。

となると、1日に54〜72グラム、週に324〜432グラム、月に1296〜1728グラム、1年で15552〜20736グラムになるようだ。

今まで深く考えたことがなかったけれど、思いのほかコーヒー豆を消費しているようで、少々驚いた。そうなると、実際に飲むエスプレッソの量は、衝撃的な数字になるだろうから、計算するのはやめておく。

ただ、気になることが一点、豆やエスプレッソの消費量はよいとして、それに伴う砂糖の量だ。

いつもエスプレッソとカプチーノが半々で、時にマッキアートにするけれど、いずれもスプーン1杯の砂糖は欠かせない。入れることでさらにおいしくなるからだ。

だいたい1杯につき3グラムのようだから、1日に18〜24グラム、週に108〜144グラム、月に432〜576グラム、1年で5184〜6912グラムという計算になる。純粋にエスプレッソだけの消費量だから、食事の分は当然含まれていない。それでこの数字は、多いのだろうか、それとも許容量なのだろうか…。深く考えるのはやめておこう。


ところで、マッキアートの出番が少ないのには、理由がある。

マッキアートは、小さなデミダスカップに28ccのエスプレッソを抽出して、スチームしたミルクを注いだものだから、そもそもの量が少ない。

デミダスカップの容量は、なんと70cc。だから、エスプレッソを落としてしまえば、残りは約40ccなのだ。


もしマッキアート1杯分のスチームドミルクを用意しようと思ったら、40ccのミルクをスチームすることになる。

が、この40ccがくせ者なのだ。なぜなら、量が少なすぎてスチームするとミルクがあっという間に飛び散って、飲むどころの話ではなくなる。

少なくともカプチーノ1杯分のミルクをスチームしなければ、上手くはいかないのだ。


カプチーノ1杯分のミルクは約120cc、エスプレッソと合わせて150cc。

マッキアート1杯に必要な40ccのために、120ccのミルクをスチームするわけにはいかない。

残りの80ccの使い道がないからだ。

だから、マッキアートを飲む時は、家族が残りの1杯をカプチーノにする時に限られる。


マッキアートは、カプチーノに比べエスプレッソとミルクとの比率が1:1に近い。

だから、それだけエスプレッソの風味がはっきりして、絶妙なおいしさを持っている。

もちろんカプチーノも、エスプレッソの香りはそのままに、ミルクとうまく合わさることで、エスプレッソが苦手という人でもおいしいと思える、味わい深さを持っている。


それぞれ違った飲み物だから、その時の体調や気分によって選ぶ楽しみがある。

ただ、飲む回数の圧倒的に少ないマッキアートは、もう少し飲みたい気はする。

エスプレッソをまず一気に飲み干し、 すぐにマッキアートを三口でいただく。

なんという贅沢であろうか。


どちらも量が少なく、あっという間にのどを通り抜けてなくなるけれど、カプチーノに比べてより強いエスプレッソの香りが、しばらく口の中や鼻の奥に漂う。

この香りや味は、使うコーヒー豆によってがらっと変わる。

おすすめは、島根のCAFEE ROSSOエスプレッソブレンド

もう3年以上これ一本。

豆を挽く前からその香りは強く、挽くと部屋中に香りが漂いはじめ、エスプレッソを抽出すると一気に強い芳香が立ちこめる。

それだけに、トロッとして濃厚なエスプレッソから強い香りを放つクレマは、色が濃くてとてもきめ細かく厚い。

もちろん味もしっかりして、飲み応えは十分。

だから飽きが来ない。

おいしいエスプレッソは、よいバリスタがよい豆をよいグラインダーで挽き、よいマシンを使って抽出することでできると言う。

確かに豆、グラインダー、マシンがそろっても、豆の挽き具合の調整やタンピング(挽いた豆をつめること)の加減によって、その味は大きく変わる。

それも、豆の状態や天気によって勘案しなければならない。


毎日淹れていると、豆の挽き具合を変えなければ上手くいかないことがわかってくる。

雨の日はやや粗めに、晴れた日は細かめにしないと、思い通りの量や味にはならないことが多い。

湿度との関係なのだろう。

プロには遠く及ばないけれど、「石の上にも三年」、そこそこおいしいエスプレッソを淹れられるようになったように思う。


◆espresso◆へ戻る
| yoshioka49in | espresso | 01:22 | - | - | -
エスプレッソ関連リンク集
 エスプレッソ全般
エスプレッソラブ
エスプレッソの扉
ジャパンホームバリスタ協会

 エスプレッソマシン及び周辺機材販売店
大一電化社:国内最大級の輸入エスプレッソマシン・ネットショップ。マシンを購入する際に上田社長に何度も相談し、エスプレッソマシン(Rancilio Epoca S1タンク)とグラインダー(MMD−LT)を購入。常に社長の上田さんが電話・メールにて親切な対応をしてくださるので、安心して買い物ができる。エスプレッソマシンを買うならば是非こちらにご相談を。
ディーシーエス:大一電化社とともに日本でのRancilio正規代理店。
Hige Coffee
ラッキーコーヒーマシン:言わずと知れたLa Marzoccoの日本正規代理店。
FMI:有名なLA CIMBALIの正規代理店。
カッシーマ
Mr. Cappuccino
Espresso Parts

◆espresso◆へ戻る
| yoshioka49in | espresso | 11:33 | - | trackbacks(0) | -
コーヒーゼリー
ここ2週間ばかり、妙にコーヒーゼリーが食べたくて仕方がないんです。昔は、サイゼリアでよく食べたものです。

例年であれば、濃いめのアイスコーヒーで作るのですが、今回はなぜだか名案が浮かびました。エスプレッソをお湯で割るアメリカーノでゼリーを作ったら、香りも苦味もコクもあるものに仕上がるのではないかと。
アメリカーノは、その表現からイタリア人がアメリカ人の飲むコーヒーを解釈した結果の飲み物なのでしょう。妻曰く、イタリア人はドリップではコーヒーを淹れないとか。

そんなわけで、エスプレッソとお湯の割合を通常は1:3のところを1:1のアメリカーノで作ってみました。

さっそく、アイスをのせていただきました。すると、思った通り、いつもとは比較にならず、お店を開けそうなほどおいしいではありませんか。家族皆がそういうので間違いありません。しかし、若干濃い目なので、次回は1:2で作ってみます。

そこそこのエスプレッソマシンがあると重宝します。

梅雨が明ければ、今度はアイスコーヒーの季節になります。これもアメリカーノでやってみようかと思案中です。

◆espresso◆へ戻る
| yoshioka49in | espresso | 01:35 | - | trackbacks(0) | -
リーフ3

何をするにも“気の迷い”があってはうまくいかない。うまくやろうとすることから生じる“気負い”にも似た“心の揺れ”。
一歩進んではまた戻り、繰り返しながら少しずつでも進んでいければそのうち形になるだろう。
あせる日もある。余裕のない日もある。けれども、無駄な事は何もない。
と、自分に言い聞かす日々。



形になるということは、安定して同じ事をできるようになること。つまり自身のものになることであり、身についたという証。続けることにより誰でも得られることなのだから、あきらめずにやればいい。くる日もくる日も。





◆espresso◆へ戻る
| yoshioka49in | espresso | 01:57 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ついに
昨日、念願の学芸大学駅前のバールLo SPAZIOに行くことができた。もともとは外出先から戻る途中で、そう近くはない都内にいたのだけれど、ふだん出歩く時間がなく、くわえて極度の出不精である自分にとっては、足を運ぶ絶好のチャンスだった。

デロンギのマシンをもらったことからエスプレッソやカプチーノに興味を持ち、右も左もわからない状態から本格的に取り組むようになって半年ばかり。ようやくそれなりに自分でいれられるようにもなり、また周辺事情もわかってきた。が、プロのバリスタのいれるドリンクを写真ではいつも目にしているものの、ただの一度も飲んだことがなかった。

恥ずかしがり屋なもので、おそるおそるお店に入ると、ぼすさんがにっこり笑いながら迎えてくれた。さっそくカウンターに立ち、エスプレッソとカプチーノを注文し、ドリンクが提供されるまでをどきどきしながらその一部始終を見た。手際の早さにまず驚いた。ドージング、タンピング、エスプレッソの抽出、ミルクのフォーミング、カプチーノのデザイン。どれをとってもあざやかだ。香りや味は言うまでもなく本当においしい。これは、何も知らない人でも間違いなく感じることだと思う。おいしさのあまり、妻と二人でエスプレッソ、マッキャート、カプチーノを1杯ずついただいた。

結局、小一時間ほどカウンターに居座った。というのも、ぼすさんは奇策で話し下手な私でも自然な会話ができたからである。近くにあるならば、お世辞でもなんでもなく、毎日通いたいと思ってしまう。それがイタリアのバールであり、ぼすさんの目指していることなのだと感じた。

どれをとっても感動であるが、この日の収穫は、なんといってもフォームドミルクの状態である。きめこまやかで、かつとろんとして最後まで残る今まで口にしたことことのないものだった。

これまで言葉や写真でしかなかったものが、ようやく目の当たりにし、味わうことができた。ぼすさんからコツも教わった。これで、目標となる明確なイメージも作れたから、マシンの限界もあるが、その中で最高のものをいれられるようになりたい。これが当面の課題だ。
本当によい一日だった。

◆espresso◆へ戻る
| yoshioka49in | espresso | 04:35 | - | trackbacks(0) | -
リーフ2



1月末から家のリフォームや引越のために2週間ほどあらゆる活動が制限されていた。特に自身にとって重要な仕事に関係する研究と、エスプレッソをいれるとう二つ営為は完全に停止状態だった。特に前者への影響はひどく、いまだに片づかないために、その整理にひたすら追われている。
その合間をぬって、一息つくたびに勘の鈍ったエスプレッソの抽出やミルクのフォーミングなど一連のことに打ち込んだ。やはり、数日でもブランクがあると慣れてくるまでに時間がかかる。あせらず一からやり直すつもりではじめたら、三日ほどで以前のようになり、比較的きれいと言えそうなリーフがつい二日前にできた(写真上)。

きれいなデザインカプチーノを作るには、きちんと抽出されたエスプレッソと適度なフォームドミルクが必須の条件となる。プロのバリスタが作ったそれを実際に目にしたことがなく、書籍やHPでのわずかな情報が頼りとなっている。正確な見本を持たない者としては、自身の日々作るものの中での比較でしか評価ができない。とはいえ、毎日いれ続けるといろいろとわかってくるもので、それがまた楽しい。

ところで、エスプレッソの抽出状態が良ければ、タイガースキンといって写真のように層ができる。間近で見ると本当にきれいだ(写真下)。この模様を見ながら、ココアパウダーをふりかけ、スチームドミルクを一気に注いでいく。すると、これらの写真のように模様ができてくる。不思議なものだ。
今日、ようやく自身のイメージするリーフに近いものができた。上の写真とは明らかに違い、HPで目にするプロのそれに近いものに仕上がった。今後は、きれいなリーフを描くことだけでなく、つめる珈琲粉の量に始まりタンピング、抽出、ミルクのスチーミングといった一連の動作が毎度同じくできるようになることが目標となるだろう。正確さを追求するということだ。
エスプレッソにのめり込んで半年ほど経つが、段階を踏んでいることを日々感じる。この感覚は、鍼の持ち方や脈の見方などを勉強し、それを日々練習していた頃にも、高校の陸上部での日々にもあった。どんなことでも、同じ事を繰り返していくことで身に付いていくものなのだとしみじみ思う(もちろん、その前提となる論理や技術面での方法論をきちんと学んでいることが必須であるが)。また、これで終わりという地点がないから、今日よりも明日、明日よりも明後日と、常に前へ進むことができるし、そこにおもしろさがある。




◆espresso◆へ戻る
| yoshioka49in | espresso | 04:06 | comments(0) | trackbacks(0) | -
リーフ
本格的にエスプレッソと向き合うようになって3ヶ月半。最初の1ヶ月半で安定したエスプレッソの抽出ができるようになり、それからはひたすらデザインカプチーノの練習となった。ミルクのスチームもこの時がはじめてで、エスプレッソの抽出と同様に安定したスチームドミルクを作ることが第一の課題となった。それも昨年12月に入る頃にはできるようになり、あとは最も難しくかつ美しいと言われるリーフを描くことに専念していた。が、どうやっても葉の形にはならず、ただミルクが浮いて変にまるくなるだけであった。

そんな毎日が過ぎ、先日、急に葉の形らしきものができるようになった。ふいにコツがつかめたのだ。とはいえまだなんとなく形ができるようになって3日目だから、いずれもプロのものには遠く及ばない。年内にはなんとかお店でだせるくらいのものができるようになればと思っている。
毎日欠かさず作ると、それなりに進歩するようで、つくづく「継続は力なり」ということの大切さを感じる。




◆espresso◆へ戻る
| yoshioka49in | espresso | 01:26 | comments(0) | trackbacks(0) | -
おいしいエスプレッソをいれるために
ようやく秋も深まり、暖かい飲み物がおいしく感じられるようになった。エスプレッソ好きとしては、うれしい季節の到来だ。

今まで、マシン(EC-200)およびグラインダー(KG-100)はともにデロンギのものを使用していた。約1年半ほど使い続けたおかげで、安い機械にも関わらず、それなりに(自分では)おいしいエスプレッソを飲むことができた。はずなのだが、イタリアで数年生活していた妻から言わせれば、どんなにうまくできたと思うものでも格段に違うのだそうだ。負けず嫌いの性分だから、このわずかな月日ではあるが、HPや本から出来る限りの情報を収集した。その結果、やはりある程度のマシンを用いなければ、今以上の味は望めないということが判明した。

そんなことで、素人ながらも自宅でよりおいしく、そして本場イタリアの味に近い(いや、それに勝るとも劣らぬ)エスプレッソを入れるべく、先月下旬に念願のMagister社のstella(現在、事情によりRancilio epoca S1)と同社のグラインダーMD-LT(Mazzer mini)を購入した。値段もさることながら使用部品のいたる所が異なり、いわゆるコマーシャルマシンのそれを多用している。それにともない、豆の選択にはじまり挽き具合から毎度同じ量の粉を入れること、それから正確なタンピングとあらゆる場面において様々な技術的問題に直面することになった。今までとはうってかわり、安定した抽出ができない。“バリスタ”というプロの計り知れないすごさを痛感するとともに、今更ながら尊敬してしまう。

今しばらくは練習の日々となることは言うまでもない。とはいえ、この三週間ばかりマシンと格闘した結果、少しは上達してきたようだ。先ほど、自分なりにうまく抽出できたと思うものを撮ってみた。抽出時間は24〜25秒で、とある本に掲載されている写真の状態に近いものだから、そこそこではあるはずだ。

もしプロの方がこの頁を見る機会があれば、素人だからとは言わずに、手厳しいアドバイスをしていただきたい。日々のひそやかな楽しみから、エスプレッソは趣味の領域に入ってしまった。だからこそ、プロにより近づけるよう日々真剣に取り組むつもりだ。



◆espresso◆へ戻る
| yoshioka49in | espresso | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ほっと一息
エスプレッソは、日々の生活で欠かせない飲み物。今日はこれで二杯目。

このカップは、妻がイタリアの中学に通っていた時分に買ったものという。赤と黒のなんとも言えぬ色の組み合わせがおもしろい。

一気に飲みほすと、口に独特の芳香が漂う。クレマがその役割を担っているそうだが、豆の量や挽き具合、タンピングの強弱などによって味や香りがずいぶんと変化する。毎度、同じものを作るには、定期的に入れるということを通して手慣れる必要がある。熟練とでも言おうか。

これはどんなことにも通じるものだろう。すぐにやめてしまえば身に付かない。「継続は力なり」とはよく言ったものだ。

自分の入れたエスプレッソを堪能しつつ、こんなことを思った。


◆espresso◆へ戻る
| yoshioka49in | espresso | 20:35 | - | trackbacks(0) | -
today's espresso
一日一杯は飲むエスプレッソ。デロンギの家庭用マシン(EC-200)とはいえ、その都度豆を挽き、丁寧にタンピングをすればそこそこおいしいものが抽出できる。

砂糖をたっぷり入れて、一気に飲む。あっけないが、珈琲では味わえない何とも言えぬうまさがたまらない。用意やその後の機械の掃除など片づけの手間を惜しませないだけの飲み物だと思う。

個人的には、最初の一杯目を飲むと必ずといってよいほど便意をもよおす。もともと便秘がちなので非常に助かる飲み物でもある。

世間では珈琲の濃いものという間違った認識を持つ人が多いようである。が、実はカフェインが少なく、極細に挽いた粉状の珈琲豆を約20秒という超短時間で、かつ高圧で抽出するため、珈琲の最もうまい部分を得ることができるという代物である。

うまいエスプレッソは、表面をクレマという赤茶色のクリーム状の泡が覆っており、酸味、苦味、甘味のバランスがよく、渋みのないいわゆる“コクのあるまろやか”な味がする。

お試しあれ。



◆espresso◆へ戻る
| yoshioka49in | espresso | 11:18 | - | trackbacks(0) | -