使用する鍼・灸について
◎はり


A.磁気鍼(補助的に使用)
長さ一寸、鍼体五分(15ミリ)、鍼柄五分(15ミリ)。太さは1番(0.16ミリ)。
五十肩など、ある動作をすると関節が痛む場合などに用いることがあります。皮内(皮膚の中)に入れるだけなので、痛みはありません。

B.井上式長柄鍼(常用)
長さ一寸九分、鍼体一寸(30ミリ)、鍼柄九分(27ミリ)。太さはかすみ(0.13ミリ)。
管を用いて鍼をトントンと打ち一気に皮下に弾入する管鍼(くだばり)はせず、刺手(鍼を持つ手)で直接鍼を持ち押手(ツボを探り、鍼を支える手)で皮膚表面の状態を診つつゆっくりと刺入していく撚鍼(ひねりばり)という古来からの刺法を用います。気を調えるための最も合理的な方法です。病態によっては置鍼(留鍼、刺したまま留置する)する場合もありますが、9割以上が、ごく浅い鍼(皮膚に触れるだけの接触鍼がほとんどです)を全身にしていきますので、痛みはなく、手が触れている感触を覚えるのみです。

C.てい鍼(バネ式)
極端に消耗した方や小児に用います。もっぱら接触するのみで、やはり気を調えるための鍼です。

D.その他(特殊鍼法)
磁気鍼の後に置き鍼として用いる皮内鍼のほか、長鍼、灸頭鍼なども必要に応じて用います。


◎きゅう



あ.知熱灸
熱さを感じたら取るお灸です。基本的にお腹・肩・背中・腰のツボを数カ所選びすえていきます(上図を参照)。その他、用途が広く、身体各部に用います。一箇所につき1回を限度とし、病状が深まるとともにその総数も減らしていきます(鍼も同様です)。

い.糸状灸(点灸)
最後まで燃やすために、知熱灸に対して透熱灸ともいいます。字のごとく、糸のように細く、いわゆる“特効穴”に用いることが多いです。一箇所につき3〜7回かさねてすえるのが基本です。
例えば、小水の出が悪い(足が冷えたり・腰が痛む)・婦人科疾患があるなどといった場合に、有名な“三陰交”にお灸をすえます。知熱灸同様に、非常にその用途が広く、よく用いる灸法です。最後までお灸を燃やすので、多少の熱感と跡が残ることがありますが、数週間できれいに消えますので心配はいりません。

◆待合室◆へ戻る
| yoshioka49in | 待合室 | 02:15 | - | - | -