来院者から一言 2005/10/18
・1歳と6歳男性、子供
・住所:横浜市戸塚区
・きっかけ:当院HP
・初診日:2005/05
・主訴:発育遅滞・湿疹・アトピー・便秘など
・治療頻度:週2回
・経過、感想など
次男が原因不明の発達遅滞・便秘・湿疹などの症状で小児科に通っていましたが、発達遅滞はリハビリと経過観察、他の症状はその都度薬は出るものの解決には至らず不安でした。
病院以外に何か手は無いのかと調べていくうちに、こちらのHPにたどり着きました。私自身鍼灸に興味はあったのですが、治療を受けたことは無く、わからないことだらけ。思い切ってメールで相談したところ、丁寧な返信を頂き、安心して息子を連れて行くことにしました。
初めて受診したのが5月中旬、次男8ヶ月のことです。その頃は、前述の症状の他にひどい夜泣きが加わって、親子ともふらふらでした。とにかくいつも機嫌が悪い子でしたので、治療も苦労するのではと心配しましたが、殆ど泣くことも無く終了。こんなにあっさり終わってしまうの?と驚くと共に青白かった肌にほんのり赤みがさしたのがとても嬉しかったのを覚えています。
治療は「地道に」「気長に」というお話でしたが、その日の夜から変化がありました。まず、夜に寝るようになったこと。ずっと抱き続けないと泣いていたのが嘘のようでした。二つ目は、吐かなくなったこと。食が細い上に、すぐに吐くので困っていました。それが、この日を境にピタリと止まりました。このお陰で随分私の心の負担が減りました。
それから週二回のペースで通ううち、徐々に湿疹が治まってきました。ストレスや気候の変化で出ることはあっても前のようにひどくしてしまうことはなくなりました。しっかり汗をかけるようになり、赤ちゃんらしい肌になりました。便秘も薬の力を借りないと出ない状態から、鍼をした日に出るようになり、今ではほとんど毎日出るようになりました。それと同時にミルクの飲みがよくなり体重も増え始めました。以前に比べると表情も豊かになり体つきもしっかりしてきたように思います。本当にありがとうございました。
また、6月にたまたま小学一年の長男も連れて行った時、その顔色の悪さを指摘され、アトピー性皮膚炎の症状もひどいことから治療を勧められました。長男にはアトピーのほかに夜尿もあったので、次男と一緒に週2回で治療をお願いすることにしました。赤ん坊の次男と違い「お灸って火をつけるの?!冷たくして!」などと無理難題を言って大騒ぎの長男でしたがいまでは治療に慣れてきたようです。反抗期なのか生意気なことを言ったり、ふざけたりで、ご迷惑をかけることも多いのですが、穏やかに彼の話を聴いてくださって、本当に感謝しています。
また、こちらで長男を診ていただくことで、私の目が次男にばかりに向いていたことを反省するきっかけになりました(彼の便秘については指摘を受けるまで全く気付いていませんでした)。便秘と夜尿は少々頑固なようですが、皮膚は以前に比べるとかゆみが和らいできたようです。「まだ痒い」と憎まれ口もたたきますが、親の目から見ても掻く頻度はかなり減りました。掻くことはあっても、今までのように力一杯掻きむしるようなことはありません。優しい動作になりました。
本当に、こちらの鍼灸院に出会えてよかった。
これからも、長男・次男ともども、宜しくお願いします。

来院者から一言に戻る
| yoshioka49in | 治療室 | 01:36 | - | - | -