来院者から一言 2005/10/16
・33歳女性、会社員・主婦
・住所:大和市
・きっかけ:当院HP
・初診日:2004/06
・主訴:肩こり、頭痛、アトピー、健康維持
・治療頻度:週1回
・経過、感想など
私はこちらでの治療を続けて一年以上になります。来院の理由は、数年来の首や肩のコリが酷くなり、加えて絶え間ない頭痛に悩まされるようになったからです。
吉岡鍼灸院では、最初に軽い問診をした後、鍼やお灸に入る前に必ず脈を診ます。すべての治療を終えた後もまた脈を診ます。それにより患者のその時の様態を正確に把握するようです。
実際の治療は、脈診をした後に、その診断に基づき手足の重要なツボを選んで鍼を始めていきます。そして途中でも脈を診て、今施した鍼の影響を確認しながら次へと進みます。手足のツボへの治療が、全身を整える治療であるとともに、全体の治療を通して最も重要なのだそうです。それは、表面に出てくる痛みはその患部ではなく仕事でのストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどにより、体の内にある五蔵(車のエンジンのようなもの)にアンバランスが生じたことで起こっており、脈診を使い手と足に鍼灸をすることでそれらのとどこおった気の流れをととのえることが治療の本質である、という考えによるものです。肩がこるから肩に、腰が痛むから腰に鍼を刺すという、他の多くの鍼灸院とは根本的な考え方が違っています。実際、ここに来る前に別の鍼灸院にも行きましたが、患部に鍼を刺して電気を流しガンガン響かせるやり方でした。こういう施術だと一時的に楽になった気はしても、結局後から疲労感やだるさを感じました。
こちらでの鍼治療は毎回あてるのみです。といっても鍼があたる感触はあまりありません。お灸も熱さを感じた時点でとってもらいます。どちらも刺激はほとんど無いので最初は「え?これだけ?」と物足りないくらいに思いました。私の様に消耗が激しい状態ではそんなに多くの鍼やお灸はできないのだそうです。
ここでは、毎回その日の調子や具合によって鍼をあてる量やポイントを加減してくれます。鍼は、適切なポイントを選び適切な量をする診立てが大事だと先生は繰り返しおっしゃいます。先生はドアを開けて患者を見た瞬間に7、8割方の状態判断がつくそうです。後は、話したり実際に触れてみてその判断を確信にまでもっていくようです。
初回に施されたほんの少しの鍼とお灸でも変化はすぐに現れ、顔色や濁っていた白眼の色もよくなったと言われました。そして何より自分でもその場でみるみる気分がよくなっていったのが分かりました。その後はほぼ週一回のペースで通院しました。痛みが頭にへばりついているのが当たり前だったのが、いつの間にか仕事が休みの日には痛みもとれ、回復できるようになっていました。調子がいいと思える今の状態がすごく有り難く感じられます。
それと、私は大人になってから、夏より秋口にかけて肘関節の内側にアトピー性の湿疹ができるようになり、毎年その時期がくると辛い思いをしていました。それが昨年は出ませんでした。今年ももうその時期ですがその気配はありません。それがこちらで治療を受けている効果なのかはっきりと断定はできませんが、“出て当然のものが出ない”、以前と何か環境が変わったかを考えると、やはり鍼灸が思い当たるのです。
食事面でのアドバイスも頻繁に受けます。過剰な糖分や濃い味のものは主に湿疹などの皮膚疾患を生み、また、イライラしたりキレやすくなるなど人間の意識感情にも悪影響を与えるのでこれらの摂取を控える、というものです。先生のいう事を理解してもなかなか実践できない、これは私に限らず飽食に慣れた現代人にとって簡単なことではないでしょう。特にチョコレートやキャンディーが大好きで四六時中口にしていた私は、それをやめることは逆にストレスになると最初は思い、先生の話も意識的に聞き流すようにしていました。でも繰り返し言われるうちに、ある時ふと、やめる気になりました。そのことで、すぐ何がどう変わるということではないですが、先々の事、つまり将来おこり得る心身両面での病のことを考えるとやめてよかったと思います。
もし、どこか調子が悪くて悩んでいる方は、健康や体調のことを気軽に相談できる主治医に診てもらう感覚で、体調管理に通院されるといいのではないでしょうか。吉岡先生はまだお若いですが、見た目と違い老練な医者の様な印象を与えられます。今耳から入ってくる言葉を発しているのが本当に目の前にいるこの人物なのかと驚くほどのギャップを最初のうちは感じていました。また、相当な向上心を持たれ、常に勉強していらっしゃる方なので、その知識に裏付けされた施術は安心して受けられます。
私はよい状態を維持し、さらに向上させる為に今も通っています。一旦辛い症状が軽減されると、最悪の状態の頃を忘れてしまいがちですが、“喉元過ぎれば…”にならないよう、よいものは継続的に取り入れていこうと思っています。

来院者から一言に戻る
| yoshioka49in | 治療室 | 21:42 | - | - | -