季節の話:冷房の話
今年の梅雨は、それらしい感じもなく暑さの本番を迎えようとしています。夏の特徴は、「暑」ということにつきます。私たちは、その「暑」を避けるために様々な方法を駆使します。その最たるものは、おそらく“冷房”であろうかと思いますが、これがために健康を害する人が多いことは見逃せません。今回は、この時期には欠かせない“冷房”の話を取りあげたいと思います。

そもそも、夏は暑いというのがごく自然なあり方で、人の体も同じく季節の影響を受け夏の状態になります。人が夏の状態になるということがどういうことか、ぴんとくるでしょうか?勝手に汗が出るということが、その徴(しるし)となるんです。そんなことは当たり前じゃないかと皆さんは思うでしょう。そうです、それがごく自然なことであり当然のことなんです。ですから、夏の対極にある冬では汗が出ないというのが普通ということになるわけです。

この夏場に汗をかくというごく普通のことが、私たちにとっては体中がベタベタしますから、表向き都合が悪いんですね。それを解消するために“冷房”という便利なものを使って汗を抑える(暑さを避ける)わけですが、これが本当の意味で都合が悪いんですね。なぜか?答えは簡単。ごく当たり前のことを無理に止めてしまうからなんですね。私たちは自然には逆らえないわけで、一時的にそれにそむくようなことをすると、それだけ余計に無理が生じてしまうんです、体に。それだけでなく、“冷房”は体を必要以上に冷やしてしまますから、これがさらに悪い結果をもたらす要因となります。体を冷やすということは巡るべきものの動きがにぶくなる(代謝が悪くなる)ということにつながります。つまり、小水の出が悪くなり足が冷えてむくむ、さらには腰が痛むという「冷」あるいは「寒」という状態から連想される象徴的な症状がでるということになります。また、“冷房”は冷たい風を送り出しますから、その「風」の影響も受けるわけですね。この「風」は、中国医学では「風者百病之長也(風は、百病の長〔さきがけ〕なり)」と認識されており、これがいわゆる「風邪は万病のもと」言われる由縁でもあります。「風」は陰陽的には「陽」なので、体の上(陽)の部分を傷害します。具体的には、頭や肩といった所が痛んだり凝ったり、あるいはめまいがしたりぼーっとしたり、体がだるくなったりするということになるわけです。

このように“冷房”は体にとってよくないものですから、できるだけ使用を控えたいものです。とはいえ、会社では動き回る営業マンのために冷房をきつめにする場合が多く、避けたくても避けられないものとなっているようですから、その対処をきちんとする必要があります。まずは、ひざかけをはじめストールなどの羽織る物の用意はもとろんのこと、なるべく膝周りを出さないパンツを着用し、ミュールで素足という格好ではなくスニーカーなど足先の隠れる靴を履きたいですね。その他、必要に応じてカイロを腰やお腹に貼ったりするというのも良いでしょう。ありきたりのことですけれど、以上のことをしっかりすると、いくらかは違うと思います。

もっと言うならば、少し時間を作り軽い運動をされることをお勧めします。というのは、先にも述べたとおり無理に汗を止めている(代謝が悪くなっている)わけですから、それを解消するために運動をして汗を出せばいいわけですね。おそらくこれが一番効果的かつ即効性のある方法だと思います。
しかし、例外があります。それは、体の消耗が激しい方(過度の精神的疲労をしている方、不食や不眠などもともと虚弱な方など)が運動をすると、もっと消耗をしてしまい逆効果になってしまう場合もありますので注意が必要です。そうすると、手の施しようがないではないか?と不安になってしまうかも知れませんが、ご安心下さい。そういう方のために私たちがいるんです(もちろん、消耗がさほどひどくない方でも治療の対象となります)。

この時期は、どうしても「暑」と「寒(冷)」という両極端な環境の中を行き来せざるを得ません。特に季節とは合わないまったく逆の「寒(冷)」という状況への対処をきちんとしてください。夏の生活が悪いと、次の秋に喘息やアトピー、花粉症といった病気を発症してしまうという危険性も高くなりますので。


◆資料室◆へ戻る
| yoshioka49in | 資料室 | 01:15 | - | - | -