季節の話:春の土用の話
ちょうど今は春の土用(4/17〜5/4まで)のまっさいちゅうですね。先週辺りからよく寝られなくなったりいやな夢をたくさんみるようになったり、はたまた食欲がおかしくなったりしている人もいるのではないでしょうか?この土用という時期は、各季節の末18〜19日間(立春・立夏・立秋・立冬の直前)をいいまして、よくいう季節の変わり目にあたるわけです。また、五行(木・火・土・金・水)のうちの土気が盛んになる時期ですから、人間の方でもそれに対応する脾の気が盛んになります。この時、脾の蔵がなんらかの原因で故障しているとうまく旺気できませんから、自然界の状態と体との間に格差が生じるわけです。その結果として脾の蔵に関わる症状が出るんですね。具体的には先にあげたようなことですね(五行では「土−湿−脾−優思−営」といった関係性があり、これらを用いて物事を類推していきます)。

立夏(5/5)を迎えると夏になり、どんなにひどい花粉症やめまいでも春の病気は終わりになります。この時期を越えていつまでも花粉症が出ているようでは、なにか体に問題があると考えられますね。


◆資料室◆へ戻る
| yoshioka49in | 資料室 | 21:05 | - | - | -