today's espresso
一日一杯は飲むエスプレッソ。デロンギの家庭用マシン(EC-200)とはいえ、その都度豆を挽き、丁寧にタンピングをすればそこそこおいしいものが抽出できる。

砂糖をたっぷり入れて、一気に飲む。あっけないが、珈琲では味わえない何とも言えぬうまさがたまらない。用意やその後の機械の掃除など片づけの手間を惜しませないだけの飲み物だと思う。

個人的には、最初の一杯目を飲むと必ずといってよいほど便意をもよおす。もともと便秘がちなので非常に助かる飲み物でもある。

世間では珈琲の濃いものという間違った認識を持つ人が多いようである。が、実はカフェインが少なく、極細に挽いた粉状の珈琲豆を約20秒という超短時間で、かつ高圧で抽出するため、珈琲の最もうまい部分を得ることができるという代物である。

うまいエスプレッソは、表面をクレマという赤茶色のクリーム状の泡が覆っており、酸味、苦味、甘味のバランスがよく、渋みのないいわゆる“コクのあるまろやか”な味がする。

お試しあれ。



◆espresso◆へ戻る
| yoshioka49in | espresso | 11:18 | - | trackbacks(0) | -
http://b.yoshioka49in.com/trackback/531834