勉強会:關西鍼の會(銭超塵『内経語言研究』訳注、上編 訓詁)
◆銭超塵『内経語言研究』訳注
●上編 訓詁
H21.11.08:その32(第一章 第二節 一、注釈派 (五)張介賓『類経』 96頁17行〜97頁31行目 訳注:上田善信 補注補訳:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市)

H21.09.13:その31(第一章 第二節 一、注釈派 (五)張介賓『類経』 95頁01行〜96頁16行目 訳注:上田善信 補注補訳:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市)

H21.06.14:その30(第一章 第二節 一、注釈派 (五)張介賓『類経』 93頁24行〜94頁31行目 訳注:岩田源太郎 補注補訳:上田善信 再補訳註:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市)

H21.04.12:その29(第一章 第二節 一、注釈派 (五)張介賓『類経』 92頁05行〜93頁23行目 訳注:岩田源太郎 補注補訳:上田善信 再補訳註:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市)

H21.03.08:その28(第一章 第二節 一、注釈派 (四)馬蒔『黄帝内経霊枢註證発微』 89頁23行〜91頁10行目 訳注:橋本典子 (五)張介賓『類経』 91頁12行〜92頁04行 訳注:岩田源太郎 補注補訳:上田善信 再補訳註:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市)

H21.02.08:その27(第一章 第二節 一、注釈派 (四)馬蒔『黄帝内経霊枢註證発微』 86頁01行〜89頁21行目 訳注:橋本典子 補注補訳:上田善信 再補訳註:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市)

H21.01.11:その26(第一章 第二節 一、注釈派 (三)王冰『素問』注 3.注釈の筋道は綿密で、ことばの解釈は簡潔にして法則があること 84頁15行〜85頁30行目 訳注:上田善信 補注補訳:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市)

H20.12.14:その25(第一章 第二節 一、注釈派 (三)王冰『素問』注 3.注釈の筋道は綿密で、ことばの解釈は簡潔にして法則があること82頁08行〜31行目 訳注:田中利江子 83頁01行〜84頁14行目 訳注:上田善信) 補注補訳:上田善信 再補訳注:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市)

H20.11.09:その24(第一章 第二節 一、注釈派 (三)王冰『素問』注 2.『素問』改編の五代原則78頁24行〜82頁08行目)訳注:田中利江子、補注補訳:上田善信 再補訳注:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市)

H20.10.12:その23(第一章 第二節 一、注釈派 (三)王冰『素問』注 2.『素問』改編の五代原則77頁14行〜78頁23行目)訳注:田中利江子、補注補訳:上田善信 再補訳注:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市)

H20.07.13:その22(第一章 第二節 一、注釈派 (三)王冰『素問』注 2.『素問』改編の五代原則74頁23行〜77頁13行目)訳注:永嶋泰玄 補注補訳:上田善信 再補訳注:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市)

H20.05.11:その21(第一章 第二節 一、注釈派 (三)王冰『素問』注 1.注釈中の道家思想の体現72頁08行〜74頁23行目)訳注:永嶋泰玄 補注補訳:上田善信 再補訳注:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市)

H20.03.09:その20(第一章 第二節 一、注釈派 (三)王冰『素問』注 1.注釈中の道家思想の体現69頁23行〜69頁28行目)訳注:吉岡広記 補注補訳:上田善信 (69頁29行〜72頁07行目)訳注:大井康敬、補注補訳:上田善信 再補訳注:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市

H19.11.11:その19(第一章 第二節 一、注釈派 (三)王冰『素問』注 1.注釈中の道家思想の体現66頁26行〜69頁22行目)訳注:大井康敬 補註補訳:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市 

H19.07.08:その18(第一章 第二節 一、注釈派 (二)楊上善『太素』 6.『太素』注における訓詁上の欠点[その4]62頁18行〜63頁15行目)訳注:岩田源太郎 補註補訳:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市/(承前 (三)王冰『素問』注 1.注釈中の道家思想の体現63頁17行〜66頁25行目)訳注:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市

H19.06.10:その17(第一章 第二節 一、注釈派 (二)楊上善『太素』 6.『太素』注における訓詁上の欠点[その3]61頁27行〜62頁17行目)訳注:岩田源太郎 補註補訳:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市

H19.05.13:その16(第一章 第二節 一、注釈派 (二)楊上善『太素』 6.『太素』注における訓詁上の欠点[その2]61頁02行〜61頁26行目)訳注:岩田源太郎 補註補訳:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市)

H19.03.11:その15(第一章 第二節 一、注釈派 (二)楊上善『太素』 5.『太素』注における反切の考察[その2]58頁14行〜59頁25行目)訳注:橋本典子 補注補訳:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市/(承前 6.『太素』注における訓詁上の欠点[その1]59頁26行〜61頁02行目)訳注:岩田源太郎 補註補訳:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市)

H19.02.11:その14[その2]

H19.01.14:その14(第一章 第二節 一、注釈派 (二)楊上善『太素』 4.小学を根拠とした明解流暢にして正確な注釈[その3]52頁16行〜54頁13行目)訳注:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市 /(承前 5.『太素』注における反切の考察[その1]54頁14行〜57頁20行目)訳注:橋本典子 補注補訳:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市

H18.12.10:その13(第一章 第二節 一、注釈派 (二)楊上善『太素』 4.小学を根拠とした明解流暢にして正確な注釈[その2]46頁23行〜52頁15行目)訳注:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市

H18.11.12:その12(第一章 第二節 一、注釈派 (二)楊上善『太素』 4.小学を根拠とした明解流暢にして正確な注釈[その1]44頁26行〜46頁23行目)訳注:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市

H18.10.08:その11(第一章 第二節 一、注釈派 (二)楊上善『太素』 3.反伝統的な「心不受邪」の説42頁19行〜44頁25行目)訳注:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市

H18.09.10:その10(第一章 第二節 一、注釈派 (二)楊上善『太素』 2.楊上善の世界観39頁21行〜42頁18行目)訳注:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市

H18.07.09:その9(第一章 第二節 一、注釈派 (二)楊上善『太素』 2.楊上善の世界観37頁02行〜39頁20行目)訳注:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市

H18.06.11:その8(第一章 第二節 一、注釈派 (二)楊上善『太素』 1.楊上善の時代と著作33頁06行〜37頁01行目)訳注:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市

H18.05.14:その7(第一章 第二節 一、注釈派 (一)全元起『素問訓解』29頁18行〜33頁05行目)訳注:田中利江子 補訂・補注:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市

H18.04.09:その6(第一章 第二節『内経』訓詁の二大流派 一、注釈派 
(一)全元起『素問訓解』22頁05行〜29頁17行目)訳注:田中利江子 補訂・補注:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市

H18.03.12:その5(第一章 第一節 三、『霊枢』という書名の意味17頁18行〜22頁03行目)訳注:永嶋泰玄 補訂・補注:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市

H18.02.12:その4(第一章 第一節 三、『霊枢』という書名の意味13頁26行〜17頁17行目)訳注:永嶋泰玄 補訂・補注:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市

H18.01.08:その3(第一章 第一節 二、『素問』という書名の意味08頁04行〜13頁25行目)訳注:吉岡広記 監訳補注:篠原孝市

H17.12.11:その2(第一章 第一節 一、『内経』という書名の意味03頁16行〜08頁03行目)訳注:篠原孝市

H17.11.13:その1(前言、第一章『内経』の訓詁学的研究の歴史的総括 第一節『内経』の書題の解明01頁01行〜03頁15行目)訳注:篠原孝市


勉強会:關西鍼の會に戻る
| yoshioka49in | 資料室 | 00:01 | - | - | -