来院者から一言 2006/11/09
・4歳の男の子
・住所:戸塚区汲沢町
・来院のきっかけ:当院のHP
・初診日:2006/08
・主な症状:アトピー、便秘
・治療頻度:週2回
・経過、感想など
アトピーと便秘に悩む4歳の息子の母です。離乳食が始まったころから便秘に悩み、それと同時にアトピーも発症しました。アトピーは卵アレルギーとハウスダストがメインです。先生の鍼灸に通い始めて、まだ3ヶ月目です。2年ほど前に小児鍼の存在を知り、他院にて半年ほど鍼灸治療を続けておりましたが、半年たったころにアトピーの調子がよくなったことと、通院するには遠距離だったことを理由に、私の判断で中止してしまいました。今思えば、その時にやめず、少しでも鍼灸を続けていれば、今のように再発することもなかったのにと思います。半年がたってちょうど体のリズムも整い始めた矢先のことなので本当に失敗でした。その後、肌の調子は悪くなり、便秘もますますひどくなってしまいました。

そんな最中にインターネットで先生のHPをみつけたのです。もう一度、鍼灸をしてこの子の苦痛を和らげてあげたいと考えました。アトピーの子を持つ親御さんはお分かりになると思いますが、夜中に何度も起きて掻くので、親子ともども眠れずに本当に苦しい日々が続きました。毎日、寝不足との戦いでした。それが、鍼灸をはじめて夜中に掻いて起きる事も減り、親子で熟睡できる日が多くなりました。また、皮膚の状態も去年の秋に比べたら、かさつかず調子も良いです。そして、なんと、なんと、あんなに頑固だった便秘も治療を始めてから浣腸を使わずに自然に出るようになってきたのです。以前は週に一回、薬の力をつかって出すしか出来なかったのですが、こんなに早い時期で改善されるなんて、夢のようです。とはいえ、今はまだ3〜4日に一回の排便なので、毎日出るようになるまでは安心できないそうです。

小児鍼と言うと、知らない方は 「エッ!!子供に鍼灸・・・?」なんて心配されますが、関西では当たり前のことのようです。鍼を刺すわけではなく、手や背中を鍼の先でさする感じなので、嫌がりもせず、むしろ気持ちがよいみたいでじっとしてます(こちらでは体を調えるために、脈を診て重要な手足に必ず鍼をするそうです)。お灸だって嫌がらずにやりますよ。

私はこの鍼灸を始めてから、本当に精神的にも楽になりました。「少しずつではありますが、よくなりますよ」、とおっしゃって下さった先生を信頼し、実際にそれを目に見えて感じられるようになり、不安も少なくなったからだと思います。まだまだ、これからも体質改善に努め、愛する子供のために親がしてあげられることを続けたいと思います。春に幼稚園に入るときには、少しでもアトピーがよくなりますように・・・。先生、これからもよろしくお願いします。


来院者から一言に戻る
| yoshioka49in | 治療室 | 14:17 | - | - | -