治療について
治療の概要
「医学のことは医師が、鍼灸のことは鍼灸師がするべきであるという考えから、1930年代以降に創始された日本の古典的鍼灸(井上系経絡治療)により、諸症状のおおもとを五蔵経絡の変調として診察治療することで、根本的な解決をはかっていきます。具体的には、中国医学の伝統的かつ最も重要な診察法である脈診を軸に、手足の要穴(重要なツボ)を主な治療の場として、五蔵の変調を調える全身的な治療をしていきます。また、ごく浅く接触することを中心とした、撚鍼という気を調えるための最も合理的な古来からの刺法を行います(ですから、肩が痛ければそこの筋肉や神経の問題として捉え、鍼を刺して電気を流すというような整形外科的な治療は一切いたしません)。私たちは、そうすることではじめて、痛みやこりの一時的な鎮痛ではなく、精神疲労に由来する諸症状に対応していくことができるのです。」ということは、「当院について」や「当院の治療方針」の中で述べました。

治療の前提

問題とすべき諸症状の土台(おおもと)である五蔵の変調(不調和=蔵気の消耗・衰退)は、長年の生活によって築かれてきたものですから、継続的な治療を通して少しずつ五蔵の調和をはかっていく必要があります。言うまでもなく、〈長いものはそれだけ長く〉〈短いものはそれだけ短く〉ということになります。
人は、まさにこの画面を見ている最中にも、自然の変化(四季の移ろい)に応じつつ、絶えず五蔵は変化しつつ衰退しています。ですから、自然のみならず、自然に影響され続ける五蔵に支配されている私たちは、本質的には五蔵を補養することで病気を治療し、かつその年齢にふさわしい健康を保っていくしかすべはないのです。

治療の目的

そもそも、中国医学では寿命の限度を120歳と考えているようですが、実際にはその前に生をまっとうします。たとえて言えば、私たちはこの世に生まれたと同時に死という終着駅にひたすら向かう列車に乗っているようなもので、それぞれの寿命というものは、[どこに行くにせよ]どれほど遠くまで走れたかということになるわけです。列車の停止した時が死ではあるものの、その過程の違いにより時々のシーンも違えば行き着く先も異なります。走り出したと同時に数え切れないほどの分岐点を通過していかなければなりませんし、走り続けるうちにあるいはブレーキが故障したり、あるいはアクセルがもどらなくなったり、あるいはエンジンに異常をきたしたり、あるいは動力源が供給されなかったり、あるいは線路に問題があったりと、途中から何らかの理由によって知らず知らずのうちにその運行が乱れ、時に失速し、時に暴走列車となり、果ては予期せぬ脱線もありますが、とにかく何かの形で、どこかの時点で停止するわけです。今どのあたりを走り、またその速度はどれほどなのかということを知り、どれだけ制御できるかが、今後を握る鍵となります。いったん暴走してしまった列車は、なかなか止まりませんし、走り過ぎた地点にはもう後戻りはできませんので、その点も留意しなくてはなりません。
ただし、どう走ろうが自由ですが、思うように走[れる状態を長く維持す]ることこそが、いわゆる健康な状態と考えるべきではないでしょうか。昨今、見聞きする健康のイメージは、人生の豊かさではなく、ただ肉体の健康に気を取られるのみで、不健全と言うよりほかはありません。症状の改善はもちろんですが、これを契機に長い目でご自身の健康や人生について考えられてはいかがでしょうか。よい状態の維持こそが、最も重要なのですから。

診察日と治療日
鍼灸の利点は、大きな不調がなくとも毎日治療ができることです。そして、日々、そのように体調管理していくことがもっとも理想的と言えます(当然ながら、私たちは毎日、体調によっては日に数回、お互いに治療しています)。週に1回という治療の間隔は、様々な不調の改善に要する最低限の期間であるため、週に2〜3回することがのぞましく、一時的に連続した治療を要する風邪やインフルエンザ、あるいはぎっくり腰などの急病の時だけでなく、日頃からより多く治療を重ねられるよう、一週間を一回りとして、治療を週の初日の診察日とそのほかの施術日とに区別し、治療費を別々に設定しています。

治療の手順
◎診察日
診察と治療とに分ければ、診察は、ー臍覆里曚、飲食・大小便・睡眠・その他の症状を聞く問診と、直接的に体の状態を判断する脈診の二つ、治療は、手足の重要な穴を用いた鍼による施術(治療の9割)と、な部(前面)と肩背・腰部(背面)の穴を用いた鍼と灸による施術の二つで構成され、この順に行います。
実際の手順は次の通り。
1)座った状態で〔篆
2)仰向けで¬診と手足への施鍼、な部への施灸
3)座位にてじ背部への施鍼と施灸
4)うつ伏せにてす背部への施鍼と施灸(妊婦の場合は横向きか座位)
5)仰向けで¬診し治療効果の判定
6)座って診断や治療方針、生活などに関するお話し

◎治療日(診察日の1と6を省略)
2)仰向けでヾ蔽韻別篆任鉢¬診、手足への施鍼、な部への施灸
3)座位にてじ背部への施鍼と施灸
4)うつ伏せにてす背部への施鍼と施灸(妊婦の場合は横向きか座位)
5)仰向けで¬診し治療効果の判定

◎二人による治療
月・火・木・土は、二人で治療にあたります。それは、二人の目を通すことで戦略としての治療方針を決定するうえで必要となる病態像をより深く捉えられるからであり、また施術者側の問題(往診や講習会・勉強会への出講、学会発表、あるいは不調の場合など)に過不足なく対応できるようにするためでもあります。
 問診:吉岡広記が基本的に担当します。
 脈診:二人とも診ます。
 施術:前面(とい諒部)と背面(い慮背・腰部)とに分け、交互に担当します。
 例えば初回の前面を吉岡恵美が受け持てば、次回の前面は吉岡広記が行います。

治療の時間
大人は診察日20〜25分程度、治療日10〜20分程度、子供は診察日5〜10分程度、治療日5分程度です。
時間に幅がありますが、病状が深まるにつれ治療の量、時間ともに少なくなります。というのも、消耗の度合いが増すにつれ、良くも悪くも少しの変化でもその体にとっては大きな変化となるからです。それらは、その都度の状態判断(診察)にもとづいて勘案していきますので、日によって加減があるものとお考え下さい。

◆待合室◆へ戻る
| yoshioka49in | 待合室 | 00:05 | - | - | -