来院者から一言 2007/02/22
・42歳女性、会社員
・住所:戸塚区汲沢町
・きっかけ:当院HP
・初診日:2006/10
・主訴:寝違い、頭痛、健康維持
・治療頻度:週1回
・経過・ご感想など
☆鍼灸を受けようと思ったきっかけ
5年ほど前より本当に寒い時期を除いて年中冷房のかかっている職場に変わったことがはじまりでした。時を選ばない冷房のために常に体が冷やされていることに加え、定期的に訪れる繁忙期に蓄積される疲労などが主な原因と思われますが、寝違いとそれに伴う頭痛が癖になり、4年ほど前には甲状腺を取るなど少しずつ調子が悪くなっていきました。吉岡鍼灸院に治療を受けに行く1ヶ月ほど前(9月初旬頃[吉岡補記:当院HPの資料室・季節の話「暑気当(しょきあたり)」にも触れていますが、夏の暑さや冷房により体が冷やされたことを感じ出す最初の時期です])より、いつになく首の痛みが続き、10月に入る頃にはついに腰にまで痛みがおよんでしまったので、WEBで整形外科などを探していたところ、偶然目にしたのが〈吉岡鍼灸院〉のホームページでした。以前から鍼はよいらしいと聞いていたので興味もあり、書かれている内容を見ると、痛みがないとあったので、安心できそうだと思い、勇気をだして行ってみる事にしました。

☆実際に治療を受けてみると・・・
最初は非常に緊張していましたが、手が軽く触れる感触だけで痛みもなく、お灸の香りで心やすらぎ、あっという間に治療は終わってしまいました。吉岡先生とお話をしている時から首がぽかぽかして動かしやすいのには驚きました。私が思っているよりも悪いと言われてショックでしたが、今はまだそう大きく五蔵のバランスを崩していない(五蔵の気を消耗していない)ので、今のうちに快復させたほうがよいとの事でしたから、しばらく治療をしていくことにしました。ただ、慢性的な疲労は同じように長い時間をかけてあげないとよくはなっていかないそうで、仕事が多忙なため定期的に通えるかが心配でしたが、経過をみながらできる範囲内で通ってみようと思いました。

☆経過1
当初、ちょっとした仕事の繁忙期にあたっていたため、しばらくは不定期で通いました。治療をしていただくと首や腰の痛みは取れるのですが、また期間があくと痛くなる、そんな事の繰り返しでした。そこで、週に1回と定期的に通うことにすると、ほどなく痛みがなくなってきました。
そんな中、公私共に多忙にしていた時に、不摂生がたたり寝込んでしまいました。吉岡先生には時間のある時はきちんと休息をとって下さいと言われていたのに、鍼灸に通っていれば大丈夫と過信しすぎた事が原因でした(治療をしていても疲労は疲労ですから・・・)。それ以後、疲労が蓄積している時は少しでも休息するように心がけるようになりました。

☆経過2:例年なら・・・
毎年冬になると仕事が本格的な繁忙期に入る事もあり、例年のひどい肩こりや風邪の心配がありました。とくに風邪にはめっぽう弱く、冬の間中症状は抜けず、薬が手放せないのが恒例の事でした。今年は暖かいこともありますが、風邪の症状がでても、軽い症状だけですぐに治るし、なにより一度も風邪薬を飲んでいない事に驚いています。肩こりはやはりありますが、自分でも普段から気にかけるようになり、姿勢を正したりしていることも手伝って、いつもよりは酷くならないような気がします。

☆疑問
患部も触らずに手足や背中に鍼を当てお灸をするだけでどうしてよくなるのか疑問に思い聞いてみると、そもそもこちらが訴える症状は本質的な問題ではなく、それを起こしている体の状態(人のエンジンのような五蔵の変調)そのものがすべての原因として捉え、かつ診察、治療の対象として、その五蔵の(気の)変調を是正するために手足の重要なツボを選びそこに鍼を当てているとのことです。そのために、患部への直接的な治療は基本的にしないのだそうです(「患部の治療だけで治るならば、苦労いらずでたいへん結構なことですし、それだけ軽いという証拠でもあります。それでもなおかんばしくない場合に、つまりは難しい状態にある時にはじめて、こういった観点からの治療をすればよいのではないでしょうか」、とも言われました)。
これが、私たちがよく耳にする〈身体のトータルバランスを整えることによって、本来、人が持っている自然治癒力が高まり、種々の症状が改善されていく〉ことの理由だそうです。

☆経過3:思わぬ事に・・・
昨年の暮れにこの時期特有の植物アレルギーがでてしまい、通例であれば皮膚科で薬をもらうのですが、今回は年末だったためにそれが出来ず、仕方なくその場しのぎに市販の軟膏をつけていました。が、不思議な事に、いつもなら絶対に効かない薬であるにも関わらず、しかも皮膚科の薬を使ったときよりも、症状が早く治まってしまいました。こんな事からも、鍼灸に通っていた(ことによって体の状態がよくなってきた)お陰だと実感させられました(こういった身体の変化に出くわすと、先生には「ひとえに治療室へ足を運ぶ人の努力のたまもの」だと言われます)。

☆適応でも・・・
私の場合、乳腺にしこりがあり、外科では取らなくても問題ないと言われているのですが、先生に相談したところ、それも含めて(先に書いた理由で)対応はしているものの、無くなるかは分からないそうです。鍼灸が適応するものは沢山ありますが、魔法でもないのですし、個々人の身体の状態によって変わってくるものですから、全てが治るという事でもないそうです。ただし、通い続けて治療すれば身体の状態の快復に伴ってよい変化があるかもしれないそうです。今はそれに期待してみようかと思っています。

☆私にとっての鍼灸とは
吉岡先生には、毎回の治療の際に症状の変化や飲食、大小便、睡眠の状態など体についてのあらゆることを聞かれるので、自分でも健康状態について細かに意識するようになった事はとてもよかったと思っています。鍼灸を受けて5ヶ月になりますが、昨年までの自分の身体とは全く疲れかたが違うのがわかります。今までは年齢のせいで疲労がとれないのだとあきらめていましたが、それは間違いだったと気づきました。もちろん加齢や心身の疲労によっていろいろな症状がでるのはしかたがありませんが、それが鍼灸を続けることで少しでもよい状態に保っていられるのはたいへんありがたい事です。

☆鍼灸に興味がある方へ
吉岡鍼灸院の治療は、痛みもなく丁寧なので安心して受けられます。何より身体のトータルバランスを調えていくので、健康快復、さらには維持増進をしていく事が出来ると思いますし、その過程で自分の持っている様々な症状が少しずつ改善されていきます。偶然は必然とも言いますから、興味のあるかたは一度受けてみたらいかがでしょうか。きっとよい事がありますよ*^^*

☆最後に:止まらない冷房にまつわるエピソード
そもそも私の体をむしばむ冷房がなぜ暑くも無い時期まで(11月頃まで)かかっているのかと先生に疑問をもたれるのは当然の事で、理由としては、同じ職場の若い女性社員が暑がりだからというだけのことなのですが、そのお話をしたところ先生からは思いがけない言葉が返ってきました。いくつかの質問のあとで、その元凶である女性の容姿が「太っている」とか「食べ過ぎ」とか、これについては誰でも想像がつく事ですが、性格的な描写が笑ってしまうほど当たっていて、「率直にものを言う」であるとか、「積極的である意味わがまま」であるけれども「性格は悪くない(悪気はない)」といった事まで、まるで占いかと思うほど的確でした。 
また「太っている」人がみな「よく食べる」わけでも「率直」で「積極的」なわけではなく、中には一見「明るく」ても実は心中に本心をしまい込んでいる「消極的」で「お人好し」な、水を飲むだけでも太ってしまう(ストレスでも食べ物でも貯め込んでしまう)人もいるそうです。
「太っている」「痩せている」といった外見や声の大小、高低など、その人の状態(特徴)から類推(想像)しているのだそうです。こういった話からも、「中国医学的な観点」というものがかいま見られますし、また(個人的な感情は抜きに)暑がりの女性を含め人を(別の視点から)理解するうえでも役に立つ気がします。

来院者から一言に戻る
| yoshioka49in | 治療室 | 00:53 | - | - | -