来院者から一言 2008/04/16
・30歳女性、主婦
・住所:横浜市緑区
・きっかけ:当院HP
・初診日:2007/03
・主訴:パニック障害、健康維持
・治療頻度:週1〜2回
・経過・感想など
吉岡鍼灸院との出会いは、当時2歳の娘の夜泣きがきっかけでした。娘は3回ほど通うといつの間にか夜泣きもなくなり、続けていくうちに次第にかんしゃくや風邪をひきやすい体質も改善されていきました。そんなこともあり、10ヶ月の息子も風邪をひいたのを機に治療をすることにしました。思ったより二人とも早く状態も落ち着きよかったのですが、今度は私自身が心身のバランスをくずしてしまいました。

とりあえず心療内科を受診し、パニック障害と診断されました。また脳の神経伝達物質の分泌異常が起きているとの説明を受け、精神安定剤を処方されました。薬はそこにアプローチするものですが、私は直感的に単に脳の問題だけではないのでは?という想いがありました。薬は副作用があります。また何種類もある薬との相性を試しながら治療するということでしたので、常に不安がつきまといます。

私はこれからどうやって治していきたいのか。自分にとって一番の方法は何だろうか。と考えた結果、薬ではなく鍼灸で治していこうと決めました。

初診では「病名は意識しないように」とアドバイスをもらいました。思い込みによる悪化を防ぐためだそうです。

私の主な症状は、突然の息苦しさや呼吸がうまくできなくなること、めまい、原因のない不安感でした。自分で自分をコントロールできないという状態にとてつもない恐怖を感じるようになり、人ごみや混雑した場所も大変な苦痛となりました。
何度も薬を飲んだら楽になれるだろうかと迷ったりもしましたが、自分と鍼灸を信じることで何とかやり過ごすことができました。
通院し、4ヶ月を過ぎた頃、ふと気づくと人ごみなど混雑した場所で平常心でいられる自分がいました。今思えば、ピーク時には1日数回起きた発作も現在では感じることはありません。

治療は、先生に全てを治してもらおうという気持ちではなくて、治るための手助けをしてもらうという気持ちで通い、また私も自分の心身の状態や生活を見つめ直していくという両面があったからこそいい方向へ流れていったのではないかと思っています。こつこつと治療を重ねることは、地味なことです。しかし、少しでも元気に、よりよく生きていたいと願う時、その積み重ね自体が楽しいことだと感じる様になりました。

吉岡鍼灸院に通い、お話しの中で様々なことを気づかせていただきました。特に季節や環境などは身体や心に大きく影響しているという点は、皆なんとなくわかっている様でわかっていなかったり、すぐに忘れてしまいます。自然の循環(めぐり)とともに人も変化しているという見方、両者の深い関係を考えることは、とても、とても大切なことだと思います。

これからも自分のために続けます。また私自身の姿を通して、周囲に少しでも鍼灸のよさを広げていくことができたらうれしいです。

いつも、ありがとうございます。

来院者から一言に戻る
| yoshioka49in | 治療室 | 02:23 | - | - | -