不妊治療について

不妊治療の前に
不妊治療の前に、大切なことがあります。

そもそも、いつ授かってもおかしくない夫婦生活を送っていますか?
タイミングを見計らって、子作りのためだけの関係に陥っていませんか?
いずれかが疲れすぎて、関係自体がなくなっていませんか?
あるいは、行為自体に不慣れであったり、嫌悪していませんか?

子供は、授かるだけではありません。出産、そして子育てが待っています。

なによりもまず「夫婦の関係が良好であること」。

医療の現場では、生殖にばかり目が向けられるのみで、こうした自明のことは問題にされませんが、もっとも根本的な問題です。

不妊治療をしている夫婦の正確な統計は不明ですが、来院される方々のほとんどが、器質的な問題の前に、こうした問題を抱えている、あるいは、不自然で無理のある不妊治療のためにそうした状態に陥ってしまっています。

川島雄三監督の「愛のお荷物」という映画に、「四十八の恥かき子」とか「四十八の産み止め」という文言が出てきますが、映画の題が示しているように、切に「望むもの」ではなく、自然にまかせれば「できてしまうもの」だということを忘れてはならないように思います。ある年齢になれば、避妊するよう教育されるのはそのためでしょう。そして、「あきらめた頃にできた」という話をよく聞くのもうなずけます。

今、しきりと加齢に伴う卵子の老化や、男性の精子の減少や運動率低下がさけばれています。重要な指摘であることに違いはありませんが、これもまた、個人差のある事柄で、社会環境の整った現在では、皮肉なことに四十歳を過ぎての初産もめずらしいことではありません。

単なる個人の生殖能力を問題とする前に、まずお互いの関係を大切にしてください。
そのうえで、様々なことを進めていくことがなによりも肝要です。

鍼灸の治療
来院するのは女性ばかりですが、来院できない(あるいはしない)男性は、多忙すぎて精力が減退していることが多いようです(もちろん、共働きの場合も少なくありませんから、女性も同様に疲労していることもあります)。

本質的に言えば、どちらに問題があるかということが問題なのではなく、片方にまかせっぱなしにしていることが問題なのです。不和のもとですからね。もし努力すべきことがあるとすれば、ともに行動するということでしょう。それを「協力」と言うわけですが、できるかぎりそのようにしていただきたいものです。ほかの誰でもない、夫婦のことですから。

鍼灸の本質は、全身的な治療により体調を整え、年齢相応の元気さを取り戻していくことにありますから、不妊に特化した何かをするわけではありません。しかし、こうしたスタンスこそ、生殖にのみ着目した治療の限界を補うものであるばかりか、最初に取り入れるべきであるということを、賢明な貴方は、きっと理解されることと思います。

こうした理由から、当院では、妊娠をのぞまれる場合は、夫婦そろってすることが最善と考えております。



◆待合室◆へ戻る


JUGEMテーマ:健康
| yoshioka49in | 待合室 | 04:50 | - | - | -