来院者から一言 2013/08/20

・29歳女性
・住所:横浜市栄区
・きっかけ:当院HP
・初診日:2013年8月
・主訴:逆子、安産
・治療頻度:週1回
・経過感想など
私は、妊娠8ヶ月(29週)で逆子のために吉岡先生のもとへうかがいました。

今回の妊娠は二人目です。上の子も逆子でしたが、里帰りして逆子でも自然分娩のできる病院にてそのまま出産できました。しかし、このたびは里帰りしないため、このままでは帝王切開を避けられません。なんとかして正常に戻したいと思い、鍼灸がよいと口コミで聞き、吉岡鍼灸院に駆け込みました。

普段は仕事をしてるので、息子(2歳半)を職場の託児所まで連れて行きます。妊娠が分かってからというもの、(話したわけでもないのですが、何かを感じているのでしょうか、甘えて)抱っこをせがみまったく歩かないので、毎日、職場までの15分は仕方なく抱っこしています。逆子がわかってからはよりお腹が張りやすくなりましたが、それでも無理せざるをえません。

こうした中、タイミングよく息子と夫が帰省してしばらく留守になるため、勤務の帰りに治療を受けることにしました。初めての鍼灸でしたが、痛みもなくむしろ気持ちよいと感じるくらいでした。

まだ急ぐ時期ではないとのことでしたが、できれば息子の帰る前に戻したかったですし、4日後の日曜日に検診をひかえていたこともあり、木・金と連日の治療となりました。土曜日は、仕事を終えて伺う頃にはこちらが閉まっているため、当初は予定しておりませんでした。2回の治療を終えた段階で、胎動にそうおおきな変化がなかったため、急遽、翌日もすることになりました。そして、3回目にしてはじめて治療中にお腹の赤ちゃんが活発に動くのがわかりました。家に帰ってもかなり動くので「これは!」と思い、家事もせずすぐに寝ることにしました。翌日の定期妊婦健診で逆子が戻っていたのです。確信を持てるほどの実感がなかったので本当にびっくりしました。

まだまだ出産までは時間があります。診察(脈診)によれば、臨月の状態にあり、息子のだっこ(要するに無理)が多少たたっているとのこと、9月初旬までは通勤中の息子のだっこがあるので、もしかしたらまた逆子ということもあるそうです(表だった症状がないのでそう心配はないにしても、早産の可能性もゼロではないそうです)。

そもそも、鍼灸では逆子の治療があるのではなく、体調を整えていくことで様々な症状に対応していくそうで、安産にもよいとのこと、逆子の予防も兼ねて、これからも行こうと思います。



 来院者から一言に戻る

JUGEMテーマ:健康
| yoshioka49in | 治療室 | 14:54 | - | - | -